2009-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッツ・カリグラ(8)「軍手(すべり止めの面)」

cal8cal8-i
今度は軍手のプチプチの方。
素材的に、もちろん墨を吸うわけではないので、
書きにくい書きにくい。

もしかして、これで油絵を描いたら面白かったかも。
普通の絵の具とかもそうだけど、ジェルっぽい質感を持っていたほうが、
このプチプチにフィットしたと思う。

要、再チャレンジだ。
スポンサーサイト

素晴らしきチラシの世界(8)「やっぱりクレヨンが好き。」

adv8
ほらー。
クレヨン風はやっぱり可愛いんだってば。
でも、クレヨン風のフォントを作ろうと思ったら意外と大変。
くっそー、いつかクレヨンフォントにチャレンジしてやんよ。

それにしても、(いい意味で)計算された感じがなく親しみやすい字。
(学習塾広告より)

レッツ・カリグラ(7)「軍手」

cal7cal7-i
タオルで書いたときに、
布地の書き味が意外と気持ちよくて、
じゃあ他の布っぽいもんを探したら軍手があった。

しかし、超普通。
というより、自分の手でしっかりと書けてしまうため、
逆に線に面白味が出なかった感じ。

多分、もともと習字が上手い人なら、
きちんとした字が書けたんだろうな。

素晴らしきチラシの世界(7)「ナイスゴシック」

adv7
この書体の見やすさったら。
ひらがなもただ単にシンプルというだけでなく、
きちんと主張しているけれど嫌味がない。
広告全体の雰囲気に合っている。
(着付け教室の広告より)

レッツ・カリグラ(6)「アイラインブラシ」

cal6cal6-i
ブラシっぽいものを探していて、
でも絵筆じゃデカいしなーなんて思ってたら、
ありました、アイライナー。

書き味はとてもやわらかく、墨を適度に吸うので、
最後までお習字の感覚を保ったままでいられる。
草書向き。

たとえ100円ショップでも、
化粧品売り場に立つのは恥ずかしかった…。

素晴らしきチラシの世界(6)「ぽってりとした筆」

adv6-1
adv6-2
この「彩」と「舞」という字体、すごく好き。
筆書体独特のはかなさが無く、
エレメント一本一本がしっかり主張している。
通常、お値段に使われるフォントは太めだが、
「彩・舞」に対してのこの数字の細さがちょうど良い。
(寿司チェーン店の広告より)

レッツ・カリグラ(5)「ぷにゅグリップ」

cal5cal5-i
なんかとってもイヤラシイ見た目ですけど、
アレじゃないですよ(どれ?)。
ペンの正しい持ち方を身につけるための、
あのぷにゅぷにゅしたグリップ。
(正式名称、なんだっけ?)

当たり前のごとく、とっても書きにくかった。
接紙面によっては、味のあるラインが書ける。
なかなかクセのある素材だったので、
長時間持つのはちょっと疲れた。

素晴らしきチラシの世界(5)「ハッピーお正月」

adv5
もともとのエレメントもスッキリしていて読みやすいけど、
加えて濁点・半濁点の遊びがテーマに沿っている。
色遣いもおしゃれ。
(住宅ローンの広告より)

レッツ・カリグラ(4)「タオル」

cal4cal4-i
布っぽいもんを使ってみようと、
近くにあったハンドタオルを。
なかなかおもしろいラインが描けるなぁ。
タオル丸めることによって、
刷毛で書いたような豪快さをかもし出せたかも。

字より、絵を描いてみたい素材かもしれない。

素晴らしきチラシの世界(4)「おしゃれ七五三」

adv4
一工夫があるが、決してエレメントの本質を邪魔しない。
すごくスッキリとおしゃれに飾っている。
色のせいもあってか、細い割に目立つ。
いいアレンジだと思う。
(写真店・七五三の広告より)

レッツ・カリグラ(3)「中指」

cal3
ダイナフォント「クラフト墨」の大胆さを、
自分でも再現できる素材を探していたら、
自分の指だった。
指のハラで愛撫するかのごとく(こらっ)。
それにしても、
なんでクラフト墨はこんなに流行ったのだろう。

素晴らしきチラシの世界(3)「しっかりしない字」

adv3
そんなに好きなタイプの字じゃない。
何より、このタイトルに似合っていない気がする。
ひらがなの遊び部分の活かし方が非常に難しい書体。
同じ系列でも、石碑体や魏碑体くらいしっかりしていると、
えらびやすいもんなんだけど。
(地方紙・特別版より)

レッツ・カリグラ(2)「つまようじ」

cal2cal2-i
つまようじ。
木だもん、そこそこ普通な線ですわ。
強弱のつけやすいし、日本版の万年筆といった感じ。

それはそれとして、このつまようじの色っぽさ。
これを手にしてみたら、思わず「極妻」と書きたくなった。
しかし漢字が難しかったので「鬼嫁」に。

素晴らしきチラシの世界(2)「直線と曲線と」

adv2
直線が特徴的だけど、
コーナーの丸みやエレメントのつながり方が絶妙。
遠目で見てもしっかり判別できるのが、グッド。
(地方紙・特別版より)

レッツ・カリグラ(1)「歯ブラシ」

cal1cal1-i
歯間用のちっちゃい歯ブラシを改造。
もう少し味のある線が出なかったもんかな。
意外と普通の書き味だったことが悔やまれる。

ただ、筆よりは固めの材質でできているため、
私のように習字が苦手だったお子ちゃまにも、
扱いやすく書きやすいものになったかもしれない。

素晴らしきチラシの世界(1)「新コーナーが、キター!!」

adv1
あー、これ好きだなー。
タイトルとか大きな文字というと、
どうしてもゴシック系に頼りがち。
でももう一押しほしい!というパンチだと思う。
いい遊び心。
(学習塾・夏期講習の広告より)

よろしくおねがいします。

「海沿いカリグラ邸!」の別館ブログが始まりました。

折込広告の書体に注目する『素晴らしきチラシの世界』、
筆以外のものでの習字を楽しむ『レッツ・カリグラ』などのコーナーがあります。

また、新作フォントの製作状況などもお知らせしていこうと思います。

«  | ホーム |  »

プロフィール

ミリメートル

Author:ミリメートル
『海沿いカリグラ邸!』にて、自作フォントを販売しています。
無料のアームド・レモン、アームド・バナナは、既に広告その他媒体に使用して頂いています。
詳しくは下記サイトまで。
http://calligra-tei.oops.jp/

にほんブログ村 デザインブログ グラフィックアートへ
にほんブログ村

 

Amazonくるくる

Amazonより、フォント関連の商品をご紹介

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QRコード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。